執着って何

 

ご無沙汰しています。

 

本当に気づくとすぐ時間が経ってしまいます。

そして特にブログに書きたいと思うことがなかったので、

書いてなかったのですが、

急に気づきがあったので、ちょっと書き留めますね。

 

 

私、昔のことあまり覚えてないんです。

でも幼少期のことってあまり覚えてなくても普通って思っていたんですが

重症なくらい覚えてないんですよね。

兄弟と比べても、えっ?そうなの?ってくらい。

聞いても思い出せない。カケラも思い出せないんです。

 

それってなんでかなって思っていたら、

私過去に執着している人って大っ嫌いなんです。

過去のことグダグダ言っている人も嫌いなんです。

 

だって、もう過去のこと言ってもしょうがないじゃん。

もう過ぎたことをそんなに今言ってどうするの?って思うんですよね。

 

そして私、父が転勤族で幼い頃から2、3年に1度引っ越しをしていたんですよね。

多分それって私の中ではいい思い出だと思っていたんですが、

多分嫌だったこともあったんだなぁって。

多分思い出さないように。

臭いものには蓋をするじゃないけど、

友達と離れることで悲しい思いをすることとか

友達に忘れられちゃうこととか

そういうことが悲しかったんだろうなぁって。

 

だから全部新しいことで記憶を上書き上書きしていたんだと思います。

むしろ上書きすることでしか、生きられなかった。

 

よって、過去に執着する人が嫌いなんだと思います。

私は頑張って、過去を振り返らず、常に前に進もうと努力して来たから。

 

でもね、執着って悪いことなんでしょうか。

執着って、「こだわり」とか「追求」するっていう意味もあるよなーって思って。

別に過去を思い出したり、感傷に浸ったりすることは意味のないことでもなんでもない。

 

人に執着

ものに執着

過去に執着

ってなんか悪いイメージない?

私だけかしら。

断捨離して全て手放している人ってかっこいいってイメージない?

 

私、そうなりたいんだよね。

でもね、できない自分がいる。

それが嫌だったんだろうな。

未練がましいって思っていたんだろうなぁ。

 

でもね、いいんだよ。

執着したって。

それだけ好きだったんだから。

それだけ愛していたってことなんだから。

過去も未来も他人も物も全て私なんだから。

 

そう。

ぜーんぶ私。

 

もっともっと私を大事にしよう

もっともっと色々思い出そう。

そしてもっともっと色々手放そう。

 

w/ lots of luv

2019-04-27 | Posted in 気づきNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA