口下手の何が悪いんだ!

 

私思ったんです。

私がイラってする人って、何を考えているかわからない人。

つまり、コミュ力が低い人や口下手な人、無口な人なんだなぁって。

 

私の息子とかうちの社員とかにもいるんですが、

なんでこんなことをしたんだろうって思って聞いても、答えない。

どう思うって聞いても、「なんでもいい」みたいな。

本当になんでもいいって思っているのかもしれないけど、

なんか言えよ。自分はどこにあるんだよ。

一緒にいるのに、私の意見ばかりだったら、一緒にやっている意味ないじゃん!困っていても助けてあげれないじゃん。って思うわけなんですよ。

 

そういうのがすごくイライラするんです。

 

でもね、私は海外育ちなので、やはり意見を言うのが当たり前の世界に育ったし、

それが正しいと思っていた。

自分の意見は言わないといけないもの。

そうじゃないと存在している意味ないよね。みたいな考えが根底にあるなぁって気づいたんです。

 

でもね、じゃあなんでもかんでも主張すればいいのかって言う話になりますよね。

主張すればいい。

意見を言えばいいって言うわけでもない。

別に私だって思っていること全て口に出して、誰かに伝えているわけじゃないし、

常に誰かに伝えたいと思っているわけでもない。

 

そして、口下手な人のメリットもあると思うんです。

多分芸術家とかはその最たるもので、全ての芸術家がそうではないと思うのですが、

言葉にできない思いを、絵にしたり、小説にしたり、ダンス、音楽、演技、ファッションを通して伝えている人もたくさんいると思います。

 

じゃあ口下手でもいいじゃん。

所詮他人の気持ちなんて理解することは絶対できないんだし、本人がよければ、それでいいじゃん。って。

 

そうするとね、今度は思うわけです。

自己表現ってなんだろう。

情報発信ってなんだろう。

コミュニケーションってなんだろう。って。

 

人はどうしても一人では生きていけなくて、他人と意思疎通するためにはコミュニケーションが必要で。

そしてその想いとか考えていることって、形にしないと人に伝わらない。だから自分の思いを形にして表現し、情報発信しているんだと思うんです。

 

でもね、そもそもなぜ人は他人と意思疎通したいんですかね。

他人をわかりたいって思うんでしょう。

他人をわかりたいのかなぁ。

それとも自分を他人に知って欲しいのが先なのかなぁ。

 

わからないなぁ。

 

最近よく思うんです。

人ってなんだろうって。

なんで生きているんだろうって。

別に私自身死にたいとか、今の現実に絶望しているとかではなくて、なんか僧侶や哲学者の気分です。

 

特にこのSNSの時代。

きっと昔だったらわからなかった人の本当の気持ちや

仲いい人しか見えなかった普段の生活とかが容易に垣間見えて余計思います。

 

人ってみんな違うんだなぁって。

だからこそ、自分っていうものを明確にしてないと情報と時代の波に流されてしまう気がするんです。

ぼーっと生きれないっていうか。

別にぼーっと生きていいはずなのに、なんか目的を持って生き生きと生きないといけないみたいな気がするんです。

 

なんだろう。

自分が別の存在に蝕まれる?憑依されるような感覚があるんですよね。

 

なんか言葉にするとすごく暗いんですけど。

私が世の中のスピードについていけないのか。

それとも私が勝手に世の中のスピードを作り上げているのか。

 

なんか小説でも書けそうだなぁ。

芥川賞でも狙おうかしら。

 

とっても周りが騒がしいです。

物理的にではなく、感覚的に。

もっともっと自分のペースで生きたいんだろうなぁ。

これ以上ゆっくりとマイペースに生きていいのかよくわかりませんが。w

私まだこれ以上にゆっくりと生きたいって思っているんですね。

今書いてて気づきましたよ。

驚きます。

こののんびり具合に。

 

ふーん。

2019-02-05 | Posted in 思ったこと, 気づきNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA